皐月 丗一日

こんにちは☀

今日は、雑賀小学校3年生の皆さんと引率の先生が来館されました。
短い時間ではありましたが、曽田文庫をとても気に入っていただけたようです☆

「学校終わったら来る~」、「お母さんに教えてあげる」と嬉しい一言でした。

先生からご感想をいただきました!!

以前から、新聞で曽田文庫を知っておられたのですが、図書館というイメージとは違い、とても寛げる空間で、気になる雑誌も置いてあって、興奮しましたと言っておられました。

また、曽田文庫の良さを伝えてほしいとも言われ、宣伝として内装をいろいろと見せられたら...どうですか?と提案もしてくださいました。
貴重なご意見をいただきありがとうございました(^-^)

新聞やテレビで紹介され、『曽田文庫』の名前も広がったのではないかなと思っていましたが...確かに、名前は聞いたことがあるけど...という方がまだおられるのですよね。

また、天気も良く、散歩のついでに立ち寄ってくださったお客様もおられました。
本を借りられなくても、曽田文庫がどんなところなのかだけでも知っていただくことも大事なことで、良いことなんだと感じました。

コメント(1)

  1. 酒でジャズを語るおじさん | 2012年5月31日 21:00

    雑賀公民館を訪ねたとき、館長さんが小学校長は話の分かる方だからと仰有っていました.「将を射んとすれば先ず馬を射よ」なのに、先ずは子馬さんたちが来てくれたんです.きっと母馬や父馬と繋がるでしょう.「曽田文庫」ブランド名が上がってもそれに甘んじていてはいけない、何はともあれ身近なところを大事にしましょう.

コメントする

トラックバック(0)

:
« 前の日誌
皐月 廿九日
次の日誌 »
水無月 四日

△このページの先頭へ