神在月 十七日

こんにちは。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
曽田文庫は変わらずゆるい感じで開館しております。

しかし、先日は県外より若者が、大きな荷物を背負い来られ
盛り上がりました(^^)/
お話しを聞くと、その方は「以前曽田文庫とはマイクロライブラリーの
会場で一緒になった」との事でした。
全国を何か所づつか徒歩で周り、野宿などをしながら、
ある程度周ったら自分の住んでいる所に帰ってお金を貯め
また、旅をするという生活を送っているそうです。

とても、笑顔の良い爽やかな青年で、本の事もお話しされましたが、
旅の話をこちらが聞くので色々とお話しくださいました。
こういう方と初めてお会いするので、とても興味深かったし
我が子も、このくらいたくましく育って欲しいなあ~と思いました(^^ゞ

次は宍道湖周辺を一周して、時間があればもう一度、
曽田文庫に寄ってくれると話してくれていましたが、
やはり、きちんと帰り際に寄ってくださいました。
彼の将来が楽しみですね(^^♪

それにしても、さすが曽田文庫!!
また私に素敵な出会いの機会を与えてくれました(^^)v
曽田文庫に感謝。

コメントする

トラックバック(0)

:
« 前の日誌
長月 十五日
次の日誌 »
霜月 七日

△このページの先頭へ