More Books in Matsue

カフェ「tete de bavard(テテ・ド・ババール)」

tete2.jpg

曽田文庫を応援する活動の一つ「More Books in Matsue」は、曽田文庫に寄贈していただいた古本を、お店の一角をお借りして販売していただくプロジェクトです。協力していただいているお店を紹介していきたいと思います。

第1弾は松江市内でも老舗のカフェで、今年で11周年を迎える「tete de bavard(テテ・ド・ババール、略称・tete)」です。夜のみの営業ですが、ゆったりとくつろげる2階のソファー席は隠れ家のような雰囲気で、女子会や、カップルがくつろいでおられます。お店は10年前に古い住宅を店主の玉木さんがほとんど自力で改造したそうですが、センス良く仕上げてあってすてきな空間になっています。

お食事はtete風オムライス(850円)が絶品。そのほか、和風ミートソースごはん(900円)、豚バラ肉の煮込みご飯(1000円)など、ユニークなメニューが自慢です。もちろん、ワインやカクテル、スイーツ、ソフトドリンク、サラダもあります!

tete3.jpg

teteさんの一押しは、月に一度、店内で開かれるミニコンサート「月明かりの宴」です。インディーズを中心にアーティストの演奏を一緒に楽しみ、一緒に話しも出来ちゃう催しです。2012年6月で18回を迎えています。過去には寺前未来さん、高鈴さん、山根万理奈さん、白築純さん、かげやまさゆりさんらのライブが行われました。ワンドリンク付きで2000円です。

tete1.jpg

古本販売の協力は、昨年から曽田文庫応援団の依頼を快く了解してくださいました。お店の入り口の「特等席」に、常時10~15冊の単行本(300円)と文庫本(100円)が並んでいます。店主の玉木さんは「これからもいっぱい売りますよ!応援してます!」とメッセージをくださいました。
ありがとうございます!

住所   松江市和多見町39
営業時間 午後5時から午前0時(年中無休)
電話   0852・27・5444
HP   http://tetedebavard.blog65.fc2.com/

△このページの先頭へ