新着情報

料理侍~料理人季蔵捕物控 / 和田 はつ子

料理侍.jpg

ことさら厳しい寒さが続き、人々が春の摘み菜売りの声を待ち望む如月。

日本橋にある一膳飯屋「塩梅屋」の
主・季蔵は、二葉町の太郎兵衛長屋に
浪人が住み着き、人々に手料理を振舞っているとの噂を耳にします。

ほどなく浪人は塩梅屋を訪れ、自分を
雇い入れて欲しいというのでした。
その頃、汐留橋近くに繋がれた小舟で
男が殺されているのが見つかったのです。
手掛かりは、小舟に残された
一束のセリ―――。

事件の下手人は?  謎の浪人との関係は?  北町奉行の密命を受けた季蔵は、
密かに探索を始めますが・・・。

早春鮨、鳥賊三味・・・・・・心のこもった料理の数々が春の訪れを告げる、
大ベストセラーシリーズ、

待望の第十九弾です!

△このページの先頭へ