新着情報

禁断の魔術 ガリレオ8 / 東野 圭吾

ガリレオ.jpg『虚像の道化師 ガリレオ7』を書き終えた時点で、

 今後ガリレオの短編を書くことはもうない。

 ラストを飾るにふさわしい出来映えだ。
          と思っていた著者が、

 「小説の神様というやつは、私が想像していた以上に
  気まぐれのようです。
  そのことをたっぷりと思い知らされた結果が、
 『禁断の魔術』ということになります。」と語られた最新刊となります。

 湯川が殺人を?
「自業自得だ。教え子に正しく科学を教えてやれなかったことに対する罰だ」。

「透視す」「曲球る」「念波る」「猛射つ」の4編収録。

 ガリレオ短編の最高峰登場です。

△このページの先頭へ