新着情報

海賊とよばれた男 / 百田 尚樹

海賊上.jpg「歴史経済小説の最高傑作!」
激賞の声が止まない、百田尚樹氏の書き下ろし長編です。
物語は、敗戦の日から始まります。

「ならん、ひとりの馘首もならん!」
異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、
戦争でなにもかもを失い、残ったのは借金のみでした。

そのうえ大手石油会社から排斥され売る油もないのです。
しかし国岡商店は社員ひとりたりとも解雇せず、
旧海軍の残油集めなどで糊口をしのぎながら、たくましく再生していきます。


20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。

その石油を武器に変えて、世界と闘った男とはいったい何者でしょうか...。

敗戦後、日本の石油エネルギーを牛耳ったのは、海賊下.jpg
巨大国際石油資本「メジャー」たちでした。
日系石油会社はつぎつぎとメジャーに蹂躙されます。

一方、世界一の埋蔵量を誇る油田を、
メジャーの一つであるアングロ・イラニアン社(現BP社)に支配されていたイランは、国有化を宣言したため国際的に孤立、経済封鎖で追いつめられます。

そして...1953年春、極秘裏に一隻の日本のタンカーが神戸港を出港しました...。


実在の人物、出光興産の創業者・出光佐三をモデルにした本格歴史経済小説です。

△このページの先頭へ