新着情報

奥傳 夢千鳥 浮世絵宗次日月抄 / 門田泰明

奥傳夢千鳥.jpg
浮世絵師宗次の貧乏長屋に行き倒れの女が担ぎ込まれました。
それが連続する驚天動地の始まりだったのです。

厚い謎を羽織る「刺客」の予測不可能な裏の顔。
その謎へ更に覆い被さる「正体なき女」の窺えぬ素顔。
見通せぬ恐怖と緊迫が炎達磨の「陰の凶賊」となって、
宗次に襲いかかります。

かつてない激闘に次ぐ激闘が始まっていきます。



△このページの先頭へ