新着情報

昭和の犬 / 姫野 カオルコ  <直木賞受賞作品>

syou.jpg
昭和33年、
滋賀県のある町で生まれた柏木イク。

嬰児のころより、いろいろな人に
預けられていたイクが、両親とはじめて
同居をするようになったのは、
風呂も便所も蛇口もない家だった...。

理不尽なことで
割れたように怒鳴り散らす父親、
娘が犬に激しく咬まれたことを見て
奇妙に笑う母親。

それでもイクは、淡々と、生きてゆく。

やがて大学に進学するため上京し、よその家の貸間に住むようになったイクは、
たくさんの家族の事情を、目の当たりにしていく。

そして平成19年。イク49歳、親の介護に東京と滋賀を行ったり来たりするなかで、
しみじみと感じたことは...。


ひとりの女性の45年余の歳月から拾い上げた写真のように、
昭和から平成へ日々が移ろう...。

ちょっとうれしいこと、すごくかなしいこと、
小さなできごとのそばにそっといる犬と猫...。


『リアル・シンデレラ』以来となる、姫野カオルコ待望の長編小説です♪

△このページの先頭へ