新着情報

流 / 東山彰良

ryuu.jpg
第153回直木賞受賞作!
選考会は前代未聞の満票決着。
「20年に一度の傑作。とんでもない商売敵を
         選んでしまった」(選考委員・北方謙三氏)
「私は何度も驚き、ずっと幸福だった。
これほど幸せな読書は何年ぶりだ?」(選考委員・伊集院静氏)


著者は台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能を持つ
「このミス!」出身、大藪賞受賞の異才が、
はじめて己の血を解き放つ!

何者でもなかった。ゆえに自由だった...。
1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、
愛すべき祖父は何者かに殺された。
内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った
不死身の祖父。なぜ? 誰が?
無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。
台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。

謎と輝きに満ちた青春が迸る。
友情と恋、流浪と決断、歴史、人生、そして命の物語。
エンタメのすべてが詰まった、最強の書き下ろし長編小説!   (「BOOK」他データベースより)

△このページの先頭へ