新着情報

*冬營舎のオススメ*

今回の冬營舎さんからは、『もの』がテーマになっているようです。
6冊の本たち、是非手に取ってみてください♪

~~~***~~~***~~~***~~~***~~~***~~~***~~~


 ♯ 『「お買いもの」のいいわけ』 ... 堀井和子
 ♯ 『こんなものを買った』 ... 原田宗典
 ♯ 『とるにたらないものもの』 ... 江國香織
 ♯ 『太陽(No.439) 「ガラスを買いに行く」(1997年8月)』
 ♯ 『太陽(No.336) 「骨董紀行」(1989年8月)』

 「物買って来る、自分買って来る」という河井寛次郎の言葉は、沢山の 
物に埋もれるようにして生活している私には身につまされます。
 衣食住におけるすべての物に自分というものが出てしまうというのは、
考えてみれば恐ろしいことです。
 我が身辺を見渡すと、どれもこれもとても人さまにお見せできない物ばかり。そう思うこと自体が見栄っ張りの性格を表しているのだと思うと、
本当に物との付き合いは人以上に難しいものです。
                             冬營舎さん より

△このページの先頭へ