新着情報

*** 冬營舎から届いたの本 ***

こんにちは。

寒くなりましたね。そんな時におすすめの本はどんな本なのでしょうね?!

~~~~***~~~~***~~~~***~~~~***~~~~***~~~~

1】『それからはスープのことばかり考えて暮らした』/吉田篤弘

2】『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』/高山なおみ

3】『キャベツ炒めに捧ぐ』/井上荒野

4】『温かなお皿』/江國香織

5】『クリスマスの思い出』/トルーマン・カポーティ/村上春樹・訳

 フルーツケーキ、名なしのスープ、手づくりのひろうす、紙パックから直接飲む牛乳。それらの食べものは、こどくをおしやり、淡い恋心を伝え、懐かしい思い出を呼びおこし、親愛の証となることもあるのです。                                   ときには何も食べないことが必要な日もあって、食べることは切なく、愛おしく、人生に寄りそいます。                               冬營舎さんより~

△このページの先頭へ