この本を借りて読みはじめました

「若き日の友情」辻邦夫・北杜夫/往復書簡を借りて読みはじめました。

これまで、社会科学系や実用書がほとんどで(それも、必要と思われる箇所を拾い読み)文学系は学生時代に「五木寛之・遠藤周作・野坂昭如」のものを少し読んだぐらい、全く疎遠でした。

小説なら、時代背景や登場人物の関係など文面から追って理解しなくてはいけませんが、これなら挑戦出来そうだと思い...。
一気に半分読んで、あと書きの辻佐保子さんの文を読みました。

なるほど、最初の文体から、だんだんと現代の文体の変化に面白く興味深いものがあります。

それにしても、漢字辞典と国語辞典を傍に置いて本を読む体験は、これまでなかったですね。
加藤周一の「読書術」の1つ「じっくりと読む」と云う中にはありますが。

読み終わった時の、充実感が楽しみです。

応援団員 堀江一夫
 

コメントする

トラックバック(0)

:
« 前のメッセージ
暖談食フェスタに古本市出店
次のメッセージ »
この本借りました。

△このページの先頭へ