この本借りました。

終わらざる夏(浅田次郎、上下巻、集英社)

昭和20年8月15日、無条件降伏後に、ソ連軍が千島列島に侵攻した
史実を描いた長編。同列島の最北端にある占守島に残された最強の日本軍。
そこに終戦間際に招集を受けた、右手が不自由な戦争の英雄、
アメリカへの移住を夢見た翻訳家、医師が補充兵として送り込まれる。
終戦直後に不条理に開く戦端。戦争が、いかに理不尽に人の運命を翻弄していくのか。

家族の視点も交え、情感たっぷりの「浅田節」で、戦争の愚かさと非常さを描く。

読書三昧
 

コメントする

トラックバック(0)

:
« 前のメッセージ
この本を借りて読みはじめました
次のメッセージ »
新着情報

△このページの先頭へ