日本でも有数の「本の街」へ!

mbm.jpg 今日の昼、松江しんじ湖温泉駅の西側(タクシー乗り場や駐車場の前)にある喫茶店「フルール」さんに行ってきました。

 何度か、コーヒーを飲みに行ったことはありましたが、今日は、曽田文庫の本を置いていただくスペースがどんな佇まいになっているんだろうとの興味もあってです。

 森田さんがお願いしてくださり、お店の特等席に置かれた曽田文庫の本やポスター、あのお店の雰囲気に溶け込んでいました。本がとてもよく似合うお店ですね。そして、改めて店内を見回してみました。おっと!お店に置かれた地元作家の作品のキャプションに「Flat Style」の文字を発見!

 良く見てみると、喫茶店の椅子やテーブル、家具などの調度も「Flat Style」さんです。「フルール」さんと「Flat Style」さんの「人が生きる」というコンセプトが似ているんでしょうね。

 今日の曽田文庫MLには、今年から正会員という加茂さんが曽田文庫に協力してくださる新しいお店のことをUPしてくださっていました。

 応援団である店舗経営者より古本販売の承諾をもらいました。 「ことこと」(おもに日常使う器・かご・布製品を取り扱う雑貨屋です) http://ameblo.jp/zakkaya-kotokoto/

そして、

「ことこと」の客層は女性が大半です。そして親子連れ。 なので絵本・児童書中心に選ばせてもらいたいです。 そして補充も私が行います。販売持続できるよう頑張ります!

と書いてくださっていました。仮称MBMプロジェクトがどんどん進んでいますね。日本でも有数の「本の街」の実現も夢ではありませんね。

コメントする

トラックバック(0)

:
« 前のメッセージ
春のカラコロ祭に
次のメッセージ »
新着図書情報

△このページの先頭へ