市民活動フェスティバルに出店

110910sota2.jpg 9月10日、スティックビルで開催された「市民活動フェスティバル2011」に曽田文庫も一箱古本市で出店。
 NPOや任意団体も数多く参加し、賑わっていましたので、たくさんの知った顔もありましたよ。

 朝8:30、倉庫に集合し準備をしましたが、昨日から、堀江さんや錦織さんが出品準備をして下さっていましたのですぐ終了。理由はもう一つ、最近の傾向を見ながら出品は少なめ。

 開場時間の10時には人出も多く大賑わい。大口でお買い上げいただくお客様もあって、上場の滑り出し。ただ、その後は人出も続かずという感じで、曽田文庫のお客様って市民フェスタ関係者?と思えるようなことも(><

110910sota1.jpg つい先日、ある文化関係者が、以前は娯楽がなかったので集客には苦労しなかったが、今は行事がとても多くて集客に一苦労。お客様を運ぶバスの足などを行政でバックアップして貰えたらと話していたと聞きました。
 確かに、毎週毎週イベントや行事が目白押し。どこも集客が課題です。
 今日の行事も、ほとんどの市民は知らないですよねえと。知っていたらもっと来るのかどうかよくわかりませんが、確かに課題です。

 そんな中でしたが、曽田文庫古本市の売り上げ、予想よりはるかに多かったかも(^^
 尾原さんの出品のレイアウトや、錦織さんのお客さんへの絶妙の対応など、お手伝いに出てくださった皆さんのチームワークの賜物ですね。
 ご協力いただいた皆様、お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。

110910sota4.jpg もう一つ、今日は人手もありましたので宍道団長と二人で気になっていた中庭の草取りと庭木の剪定(?)。

 草取り2時間。奥のほうにはまだまだありますが、お客さまが気になるだろうと思えるところは終わることができました。
 庭木も、剪定ではなくて遠慮なしに繁っている木の枝を切りそろえた程度。それでも随分きれいになりましたし、明るくなりました。
 明日からのお客様には、明るくなった曽田文庫で楽しんでもらえるでしょうか。

 休憩タイム、宍道先生と一緒でしたから、宍道先生持ち込みのオーディオで高音量のジャズを楽しみました。臨場感があってステキですよ!
 そういえば、宍道先生からは「曽田文庫・クラシック・カフェ」の案内がMLにUPされていましたね。

 CDでヴァイオリンやチェロなど室内楽のを聴きながら「コーヒーカップを片手に静かな音楽を聴き本を読む」という趣向をぜひ味わってください。またご自分のお気に入りCDをぜひ持ってきてください。先月から用意したステレオ装置もなかなか「良い音」を聴かせます。
  日 時:9月25日(日)10:00~16:00
  場 所:曽田文庫
   ※コーヒー(これもまた美味しいですよ)

コメントする

トラックバック(0)

:
« 前のメッセージ
JAZZの流れる曽田文庫
次のメッセージ »
秋の1日

△このページの先頭へ